« 転機 | メイン | SonicStage CP 4.2 »

2006/11/07 (Tue.)

小ワザを利かせて快適リスニング

author : しゃち

NW-S706F/Tを使い始めてはや3週間近く経ちました。
すっかり使い方にも慣れて音楽にドップリ浸かっている今日この頃ですが、
使い慣れてきてちょっとした事が気になりだしたので、
これまたちょっとした小ワザを利かせてみました。

NW-S700シリーズのキモはやはりノイズキャンセリング機能です。
ただ、このノイズキャンセリング機能は付属のイヤホンでのリスニングが必須なため、
結局最近はMDR-EXQ1やMDR-EX90SLの出番がさっぱり無くなってしまい、
付属のイヤホンで聴くのがもはや当たり前になりつつありますが、
そんな中でちょっと気になる点が出てきました。

それは付属イヤホンのジョイント部に付いているプラパーツです。
これまで通常付属されていたイヤホンはジョイント部が軽めのチューブタイプだったのですが、
今回はマイク用の配線も通っているためか、案外ゴツいプラパーツが付いています。
そのために、プラパーツの重みでイヤホンのコードがずり落ちてきてしまい、
首元に度々違和感を覚えるようになってしまいました...orz

 

そんな折にちょっと良さげな代物を見つけたので買ってみました。
まぁ、普通に100円ショップダイソーで売ってる携帯用のイヤホンマイクです。
なんでこんな普通のイヤホンマイクが良さげなの?と思われるかも知れませんが、
私が今回欲しかったのはイヤホンマイク自体ではありません
実は欲しかったのは付属のクリップ'だけ'なんです(ぉ
たまたま寄ったダイソーで見つけたんですが、
見つけた瞬間これだと思いましたw

  

このクリップはコードをジョイントに噛ませて使用するタイプで、
クリップの根本のジョイント部分が回転するのでフレキシブルに動きます。
なので普段服にクリップでコードを留めておけばコードがずり落ちる心配はありません。
しかもジョイントがフレキシブルに動くので、激しい運動さえしなければクリップは外れません。
ちなみにこのクリップというかイヤホンマイク、今回私が買ったのはブラックなんですが、
他にもシルバー、レッド、ブルーとカラバリが揃ってくれているので、
バイオレットの人はブルーのクリップを付けてみたり、
ピンクの人はレッドとコーディネイト出来ます。
おまけに値段はたったの105円w

ちょっとした事ではありますが、クリップあるのと無いのじゃ大違い。
ダマされたと思ってちょっと買ってみると意外と便利になるかも知れませんよ?w
まぁ、なんと言っても出費はたったの105円ですしw

18:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.vaioethics.com/blog/mt-tb.cgi/255